スポンサーサイト

2018.06.22 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    子供の病気 熱性けいれん

    2017.12.25 Monday 00:02
    0

      JUGEMテーマ:子供の病気

       

      先日、末娘(1歳6ヶ月)が熱性けいれんを起こしました。

       

      熱性けいれんはそれ自体で死に至るとか後遺症が残るということは無いそうですが、いざ目の前で子供がけいれんを起こしたら慌ててしまいます。

      日本人の熱性けいれんを起こす割合は8.8%だそうなので、かなり割合が高いと思いますが、そのいざという時にどうすれば良いのか、またその時はどんな風になるのか、知っていれば心の準備ができますね。

       

      娘(1歳6ヶ月)の場合は、お風呂に入って、私が洗っている間、洗い場で待たせている時に起きました。

      冬ですから、浴室暖房をしていたとはいえ、寒かったと思います。

       

      私が立ち上がった時に、尻もちをつくようにドンッと座って、「ぎゃあ!」と叫びました。何か向こうに怖いものでも見たかのような声でした。

      すぐ抱き上げて膝に座らせましたが、震えにしては大きい身体の揺れに、視線が合わず、名前を呼んでも反応なし、これは怪しいなと思いました。(長男も2歳ちょうどの時に起こしました。)

       

      それから、しばらくすると「クックッ」と鼻の詰まったような音がし始めて、何だろうと思っているうちにみるみる唇が紫になり、これは呼吸ができていないんだ!と気付きました。

       

      縦抱きしていたのですが、そう言えば、長男が起こした時に、仰向けに寝かせると病院でもらった冊子で読んだのを思いだし、体勢を横にすると、唇がだんだん赤味を帯びてきて、視線が合うようになりました。

       

      この間、2〜3分だと思います。

       

      そのあと、ガタガタと震え始めて、急に身体が熱っぽくなってきました。お風呂中で子供も私も裸だったので、とにかく身体を温めなきゃ!と思って体を拭いて服を着せて…でも離れたがらないので泣き続けて大変でした。

       

      この時、長男(6歳2ヶ月)も次男(4歳)も居たのですが、本当によく助けてくれました。タオル取って!電話取って!体温計も!と叫んでいるママを頑張ってフォローし、長男は心配して泣いていました。次男はまだよくわからないようでした。

       

      長男の時は比較的想像範囲内でのけいれんの様子だったので、急いで病院に連れていかずに、翌日かかりつけの病院へ連れていきました。

      しかし今回は呼吸が一時的に止まってしまったのが気になったので、救急医療情報・相談ダイヤルというところに電話したところ、すぐに診察してもらったほうがよいとのことで、まだ空いている病院を教えてもらいました。

       

      けいれんが起きてから20分後に隣のママ友にお兄ちゃん達を預かってもらえるよう連絡、タクシーを呼び、さらに10分後にタクシーで私と娘だけ病院に向かいました。

      お兄ちゃん達は自分でパジャマをリュックに入れて、上着を着て、靴を履き、タクシーに乗る私の姿を見ながらお隣さんの玄関に向かい…と何にも手伝ってあげられなかったのに、本当にテキパキと何も言わずに頑張ってくれました。

       

      病院に着く頃には震えもおさまり寝始めましたが、高熱のせいかすぐに目を覚まし、でもそのお陰で診察のタイミングでは起きていました。

       

      特に異常は無いとのことでしたが、それまで飲んでいた鼻水の薬がけいれんを長引かせる可能性のある薬とのことで、飲むのを一旦中止した方が良いと言われました。

       

      今回の娘のけいれんと、以前起きた長男のけいれんで違ったところは、身体の強張り方と目の感じでしょうか。長男は、完全に白眼を剥いて、手足を突っ張っていましたが、娘は焦点が合っていない、身体が大きく揺れていると感じる程度でした。しかし、呼吸がうまく出来なくなってしまったことは、生死に繋がることだと思うので、気を付けなければいけないと思いました。

       

      生後6ヶ月から就学前の子供に起きて、ピークは1歳半だそうです。高い熱の出始めに起きやすく、インフルエンザや突発性発疹の時に起きやすいそうです。

       

      熱性けいれんがどんなもので、起きたらどうすれば良いのか、それを知っていたら、必要以上に怖がったり慌てたりしないで済みますね。我が家の経験がお役に立てれば幸いです。

       

       

      category:子育て | by:clarinet-mama | - | -

      スポンサーサイト

      2018.06.22 Friday 00:02
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -

        PR
        Calender
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM